SUPER GT第4戦もてぎ -予選日レポ!

work
この記事は約4分で読めます。

9月12日(土)、SUPER GT第4戦「MOTEGI GT 300km RACE」の予選が行われました。今大会まで無観客での開催がアナウンスされていて、私たちレースクイーンも前回までと同様放送を見てチームを応援しています。

 

始まる前から今週末はお天気が……と心配されていたとおり、空はどんよりしていて、午前10時の公式練習開始頃から雨が。その後も終始強まったり弱まったりを繰り返し、今回の予選の明暗を分ける重要な要素になりました……。

 

まずは私たちリアライズガールズが応援するKONDO RACINGの2台の戦績を振り返っておきましょう!

前回、56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rは予選3位からスタートし、トップ争いをしていましたが紆余曲折あってラストラップで9位まで後退……(紆余曲折の内容は本ブログ「SUPER GT第3戦鈴鹿-決勝レポ」にて!)。今回こそは、と表彰台への期待が高まります。
GT500クラスの24号車リアライズコーポレーションADVAN  GT-Rは、他のGT-R勢と同様苦戦を強いられてきましたが、前回23号車が優勝したことで希望が見えてきました。今大会公式練習の500クラス専有走行では6番手タイムをマーク。復調の兆しを見せます。
予選 – Q1
まずはGT300クラスのA組(チームランキング奇数)からスタート!
最大ウェイトの100kgを積む11号車GT-Rが驚きのトップ通過を果たします。続いて56号車リアライズ号を含むB組のQ1が行われました。
mamika
mamika
雨が強まっていき、1台コースオフして赤旗中断。さらに雨脚が強くなるのかそれとも弱まるのか。また中断時間ができてしまったことでタイヤのあたたまり方に影響が出るため、タイヤ選択が難しくなりました。
赤旗中断後、14台のうち8台はスリックのままコースに戻り、56号車リアライズ号はじめ残りの6台はレインに変える選択を取りました。どちらが正解か悩ましいところでしたが、残り時間わずかとなってきたところでドライ勢がタイムを上げてきました。
リアライズ号は今季初めてのQ1敗退を喫することに……。
500クラスの24号車は、レインタイヤで出るも残り時間半分ほどのところでスリックにチェンジ。時間内にタイヤが機能するに至らなかったのか、Q2進出ならず……。
​その結果予選は以下のようになりました。

GT500 GT300
1位 38 Supra 1位 360 GT-R
2位 17 NSX 2位 25 Porsche
3位 8 NSX 3位 31 PRIUS
15位 24リアライズGT-R 28位 56リアライズ日産大学校GT-R

とくに56号車はこれまでシングルグリッドからのスタートばかりだったので、今回の位置はかなり悔しいですが、こちらのJP選手のコメントを見てなんだか気持ちが切り替わりました(笑)
決勝の天候がどうなるか分かりませんが、両車とも追い上げるのみ!!
引き続き、SNSなどからチームやドライバー陣にあたたかい応援をいただけたらうれしいです!
一緒に応援がんばりましょう〜!
リアライズガールズまみかでした^^
– – SNS – – – – – – – –
Kondo Racing チームメインスポンサー
リアライズコーポレーション – Instagram
トラックリースサービス「R.リース®」、「トラックファンド®」で運送業の新しいかたちを創る企業です。未来の自動車業界を担う人材育成にも力を入れ、日産自動車大学校で「リアライズ奨学金」を実施。Instagramでは、各地の景色とトラックの素敵なお写真がご覧いただけます(^^)
TBS「NEWS23」/TV東京「ガイアの夜明け」/日本テレビ「news zero」で47都道府県をテーマにしたCMも放送!

KONDO RACING – Twitter

日産自動車大学校 – Instagram
現地からの写真や動画が続々アップされています! 

KONDO Racing Team web site
SUPER GT公式web site

タイトルとURLをコピーしました