ヨンフン参加の豪華限定グループ만찢男。当時の位置関係は?

image Kpop
この記事は約8分で読めます。

ヨンフンさんってほんと天性の人間的魅力をお持ちですよね。カタコトニュースおもしろすぎるんですが!ほんの1分ちょっとなのに何この満足感。
おるびのオフィシャルサイト及びファンクラブが発足し、供給が増えてうれしい今日この頃ですが、筆者を含め日プをきっかけにHALO、ヨンフンさんを知った方は過去どんな活動をしていたのか知りたくて画像や動画を探しまくったことと思います。「青髪のヨンフンさんも爆イケ〜」とか、「ちょっと若い感じもいいわ〜」とかね……ハイ。

そんな皆さんはもう既知のことと思いますが、今回はヨンフン氏が参加した限定ユニットについて語りたいと思います。

 

만찢男(マンチッナム=マンガから出てきたような男子)

【 2016年9月2日 】

ヨンフン(当時芸名オウン)が参加したプロジェクトグループ「만찢男=만찢남(マンチッナム)による「만만하니」(U-KISS 2009年)のカバー。

韓国の音楽番組「ミュージックバンク(뮤직뱅크)」のステージのために、この放送時のみ披露されました。
2020年になってからこの動画を発見した身としては、VIXXのヒョギにモネクのヒョンウォンに顔面天才チャ・ウヌに、(元)X1のウソクに……そんな豪華なメンツのなか全然負けず輝いてるヨンフンさん…!という見方になるんですが、2016年当時の位置関係、誰が先輩後輩でそれぞれどんな活動をしていたのか、というところが気になりましたので調べて見ました。

 

なぜこのユニットが生まれたのか?

この日の放送では他にもたくさんのアイドルが参加していましたが、その中のスペシャルステージとして上記のパフォーマンスが披露されました。そのコンセプトが만찢남(マンガから出てきたようなイケメン)”、“만찢녀(マンガから出てきたような美少女)”でした。そのコンセプトに合ったメンバーが様々なグループから集められたようです。

만찢남メンバー ※()内はデビュー年
ヒョギVIXX(2012年)- Jellyfish
オウン*HALO(2014年)- 하이스타ENT
ヒョンウォンMonsta X(2015年5月)- STARSHIP
ウシン* UP10TION(2015年9月)- TOPMEDIA
ウヌAstro(2016年)- Fantagio
*ヨンフン、ウソクの当時の活動名

ちなみに年齢順に並び替えるとこうなります。

ヨンフン:1993年1月15日
ヒョンウォン:1994年1月15日
ヒョギ:1995年7月5日
ウソク:1996年10月27日
ウヌ:1997年3月30日
ヨンフンさん長男だった! そしてヒョンウォンさんと誕生日同じ。
ちなみに만찢녀のほうのメンバーは、
ヘイン、ユジョン – Laboum(2014年)-NHメディア/NEGAネットワーク
ニューサン – SONAMOO(2015年)-TS Entertainment
ボナ – 宇宙少女(2016年2月)- STARSHIP
ミミ – gugudan(2016年6月)- Jellyfish
※()内はデビュー年

歌ったのはKARAの「Pretty Girl」。(KARAの曲のMV今見ても可愛いしカッコイイ!)

 

この日の他出演アイドルは…
EXO、BLACKPINK、ioi、NCT DREAM、NU’EST、赤頰思春期 など。

え、今とあんまり変わらないじゃん! と思いましたが、ioiが唯一4年の月日を感じさせますね。にゅいもこの時はプデュs2出演前ですから今とはかなり状況が異なるはずです。HALO、UP10TIONもグループとして出演しました。

 

当時の活動状況

ヨンフンさんは当時デビュー3年目。年齢的には長男ですが、デビュー年的に先輩のVIXXヒョギを中心に据え、これからどんどん活動していくぞ!という期待の新人を配置したユニットという感じでしょうか。

STARLIGHT(VIXXのファンダム名です)的にはグループではマンネのヒョギがセンターでメンバーを率いてる風なのがすごく新鮮で!! しかもこの時のスタイリングめちゃくちゃカッコイイしそこもおいしいポイントです。

もう少し詳しく各グループの状況を見てみましょう。

まずVIXX。2012年デビュー以降最初はなかなかヒットに恵まれませんでしたが、方向転換後の2013年、音楽番組で初の1位を獲得。2016年は「Dynamite」、「Fantasy」、「The Closer」で活動し複数回1位を獲得しました。
“コンセプトドル”として世の認知を得、奇抜なスタイリングからライトな方向に移行していき、16年当時はもう一定の地位を築いていたと言っていいと思います。

 

次にヒョンウォン所属のMonsta X。ここ数年勢いがすごいですよね。全英詞の曲を出すなど海外路線が顕著で、しかもそれが成功してますもんね。
2016年はデビュー翌年にあたり、「all in(걸어)」や「Fighter」はこの年の作品。
音楽番組で1位を獲得したのはその翌年、17年秋の「DRAMARAMA」が初ですから、この頃はまだまだ新人と言えるでしょう。ただ、16年1月ソウル歌大賞でダンスパフォマンス賞、ゴルデンディスク賞でネクストジェネレションスタ賞を獲るなど、大手事務所期待の大型新人らしいステップを踏んでいたと言えます。

 

UP10TIONもこの年デビュー2年目。ウソク(ウシン)単体では、この年5月からTHE SHOWのMCの一人に抜擢されました。しかしデビュー3年目となる翌年17年にはウソクが活動休止。19年にプエクに出演し最終2位でX1デビューを勝ち獲った訳ですが……。デビューからこれまで順風満帆とは言い難いですが、16年当時に関して言えばこれからがんばっていくぞ、という過程であったと思われます。

 

Astroは 16年がデビュー年。この年に発表した「Confession(고백)」のMVではまさに“マンガから飛び出した”を体現しています。また、この年10月からウヌがEXOスホ、少女時代ユナとともにTHE SHOWのMCに。
(アユクデ<アイドルスター陸上大会>のエアロビ部門で優勝したのはこの翌年の出来事ですね!)

 

では肝心のHALOはいかに……?

筆者自身、当時からヘイロを追いかけていたわけではありませんので、空気感的なもの、世間の認知的な感覚を持っていません。ヘイロデビュー前後の背景について分かりやすい記事がありましたので、ざっくりとした訳を記します。

2013年は6つのボーイズグループがデビューしたが、ファン層を獲得したのは防弾少年団くらいだった。2014年は3大事務所の一つであるYGからWINNER、JYPからGOT7がデビューと、ボーイズグループのデビューには良くない時期だった。
ただし(HALOは)中小事務所からのグループとしては悪くない成績だった。
しかし翌年にMonsta X、SEVENTEEN、N.Flying、iKONなど大手事務所から大型グループが大勢発表され、デビューしたばかりのボーイズグループには大変悪い状況となった。(나무 wikiより)

このような背景のなか、ヨンフン単体としては2015年10〜11月放送の「恋にチアアップ발칙하게 고고)」(←Netflixなど各種ネット動画配信サービスで見られます!)に主人公(Apinkウンジ)の部活動の部員役という準レギュラー格で出演。ドラマのBGMとしてヘイロデビュー曲の「Fever(체온이 뜨거워)」が何度も流れました。(これまたSTARLIGHT的にはVIXXのえねねんがレギュラー出演ということでとてもおいしい)
16年には豪華絢爛ナムジャメンバーが揃いまくった花郎に出演。(こちらは私まだチェックできておりません……)
これって普通に考えてすごくないですか??
小規模事務所のアイドルグループから人気メンバー揃いのドラマのレギュラー格を複数回勝ち獲るって!こういう流れがあったからこそ、この限定ユニットに選抜されたのではないでしょうか。

ただ…件の騒動が起こったのって2015年の11月だそうなんですよ。ドラマの時期とかぶってるけど、世の空気はどんな感じだったんだろう……。こういう注目されていた時期だからこそ報道されたのだろうか? ただこの限定ユニットにしても花郎にしてもその後の時期になるので、何とも言えませんね、、。

 

というわけで、プロジェクトグループ「만찢男」についてまとめてみました。筆者自身、これを知ることで当時の空気がなんとなーくですが掴めた気がします。

 

最後に、この収録のリハーサルへの出勤風景の動画とオリジナルの만만하니を貼っておきます。


ヒョギ、ヒョンウォン、ウヌだけやねん……。ヨンフンさんのはなかった、、。
撮影スタッフの人が「ジャンプ!」って言って、ヒョギは「いやいやそれは…もう行きますよー」って感じで去るんですが(それでもハートもいっぱいやったし、お辞儀は深々だし十分サービスしてる)、ヒョンウォンとウヌは体張るんですよ…。ヒョンウォンはおもしろ方向に、ウヌは隙のない爽やかなアイドルジャンプ。韓国アイドルさんは大変だ……。

 


本編に入る前に少女時代先輩が曲紹介してるんですが、そちらも含めヘアメイクに時代を感じる……!

ちなみに、만만하니(マンマンハニ)は

만만하다(原形)= 手くない、甘い(ちょろい)みたいな意味
〜니(問いかけの意味)で、甘くみてるのか、なめてるのか、のような訳。英訳の「I’m not easy」が一番当てはまりそうです^^

余談ですが、このU-KISSのメンバー、ジュン(준=이준영)さんがUNBのメンバーでもあったことに驚きました。すごい昔のグループ…というイメージだったので、UNIT参加したの!?って。そしたら途中加入だったんですね。この曲が発表された2009年時はまだいません。
*UNBについてはこちらの記事がおもしろかった→UNITを見ていなくてもだいたいわかるUNITメンバー解説・前編

<参考サイト>
나무wiki
chosan.com:뮤직뱅크, 비주얼甲 모인 만찢남·만찢녀 스페셜 무대 “다들 너무 예뻐”

タイトルとURLをコピーしました