SUPER GT第6戦鈴鹿-決勝レポ!

work
この記事は約7分で読めます。

mamika
mamika
10月5日、SUPER GT第6戦「SUZUKA GT 300km RACE」の決勝が行われました。例によって現地映像を観戦してのレポートになりますが、ぜひお楽しみください。最後にパブリックビューイングイベントの様子もお届けします!

 

gt今シーズン2度目の鈴鹿サーキット。天気は晴れ! 現地にいらっしゃたお客さまにとっては観戦日和となったでしょうか^^
前回の鈴鹿では、不調だった500クラスの日産勢から23号車が涙の優勝を飾りましたが、さて今回はどんなレースに……?

 

決勝

suzuka
△コンディションは予選時とほぼ同じ。

<KONDO Racing 予選順位>
500class 24号車:13位/300class 56号車:11位
<スタートドライバー>
24号車:高星選手/56号車:藤波選手
今回はレースの周回数半分弱を消化したところで発動された一度のセーフティカーが各チームの明暗を分けました。変動が顕著な300クラスを中心にみていきます。
※周回数は500クラス起点
SC300クラスの52号車がピットアウトした直後にコースアウトし、止まってしまったことで発動されることになりました。レース周回数の1/3を消化し、500のチームからピットインが始まり、この時点で300クラスは約半数がピットイン済み、上位約半分のチームは未ピットという状態でした。

SC時点の順位と、その後全車ピットが済んで順位が整理された時点を比べてみたいと思います。

27周でSCアウトするやいなや未ピットのチームが続々とピットインしました。56号車は少し引きのばして31周でピットイン。これで全車ピットを済ませ、実質の順位に隊列が整った33周あたりの順位が図の右列です。
2番グリッドからトップを走行していた61号車、フルウェイト組ながら大健闘していた11号車をはじめ、11番手スタートから全車未ピットの状態で7番手まで順位を上げ、SC導入時点では5番手を走行していた56号車リアライズ。これらがそれぞれ14、16、17番手まで順位を落としました。

 

予選決勝結果

 

SCアウト後、フィニッシュまでは20周以上ありましたが、その時点から順位は大きく変わることなく、SCのタイミングを味方につけたチームが上位に、活かすことができなかったチームが下位に沈む結果となりました……。

このSCを最大限に活かしたのが500クラスの23号車。クローズ直前のこれ以上ない絶妙なタイミングでピットインし、全車スローダウン走行している中、トップで隊列に戻ることに成功しました。

……というわけでなんと、今季2度目の鈴鹿を制したのは再び23号車GT-R。300クラスはシーズン初表彰台の3台が並びました。

 

 

 

リアライズ号兄弟 決勝結果
24号車 リアライズコーポレーションADVAN GT-R:8位
56号車 リアライズ日産自動車大学校 GT-R:16位
24号車はポイントゲット。56号車にとって幸いだったのは、シリーズランキング1-2位の65-11号車の順位が同じくふるわずポイント差が開かなかったこと。しかし、55号車にはポイントが追いつかれてしまいました……。
mamika
mamika
天気、他チームの動向、タイヤ、突然のトラブル…etc.レースにはまさかの坂がいっぱい……。築き上げた差が水泡に帰すようなことがあっても、やってくるかもしれないチャンスをいつでも掴めるよう進み続けるドライバーさん、チームの皆さん、すごいです…!

残すレースは2戦!
ハンデが減り、ガチバトル再びです!

24号車は今度こそ、56号車はもう一度、一番高いところに乗っているところが見たい!引き続きKONDO Racingの2台へ応援よろしくお願いいたします!

〜お裾分けいただいた現地写真をご紹介〜
KONDO24 KONDO56
△秋らしさ感じるリアライズ号の走行風景。

realizebro1 realizebro2
△リアライズ号兄弟がコース上で邂逅。

realize56
△ちょっと珍しい縦写真

 

パブリックビューイングevent

今回のレース、私たちリアライズガールズは日産グローバル本社ギャラリーで行われたパブリックビューイングイベントに参加させていただきました!


横浜にあるとても広くて明るいきれいなギャラリー。市販車のほかヒストリックカー、話題の新型EV「アリア」なども展示 ※展示車は変わることがあります。


横浜駅に通じる2階には日産ブランドアンバサダー木村拓哉さんの幕が。
「上等じゃねぇか、逆境なんて」のキャッチが冴えます^^

PVevent_hall
イベントが行われたのは大画面が3つもついた大きなホール! 事前に整理券が配布され、人数を限定しての開催。客席も間隔をあける、声援は控えるなど感染症対策がとられていました。
私も何度か出演させていただいたモータースポーツ&FC東京の話題をお届けするラジオ番組「キバブリ」でMCを務めておられる木幡さん(現地実況もされています^^)とミスフェアレディさんが司会でした!


レースの途中、会場とチームの中継があったそうです。私も現場の様子見たかったなぁ〜。
抽選会のコーナーやおみやげも^^


ホールだけでなくギャラリー内にも大きなモニターがあり、そちらでもレースが放送されていました^^ メンバーが交代でギャラリーのお客様に56号車優勝記念ステッカーをお配りいたしました。

「KONDO Racingというチームで…」
「あ、近藤真彦さんの?」
「そうですそうですー!」
「強いんですか?」
「今シリーズランキング3位なんですよー!」

…なんて会話も(^^) キッズのみんなにも喜んでもらえたかな?

PVevent_busou
KONDO Racingを一緒に応援するBUSOUサーキットレディさんと、今回初めてご一緒させていただきました!

PVevent_kody
マスコットキャラの「こぐまのコディ」ちゃんも一緒に登壇しましたよ〜ʕ•ᴥ•ʔ いつかイチゴになりたいそうです。(なれるといいね☆)

こぐまのコディ【公式】Twitter
△コディちゃんのTwitterで昨年のサーキットでの様子がご覧いただけますʕᴥ· ʔ

お客さまと交流させていただく機会をいただき、私たちも充実した時間を過ごしました。こういったイベントや配信、SNSからも現地へエールを届けることはできます!ラスト2戦も一緒に応援よろしくお願いいたします!

 

– – SNS – – – – – – – –
Kondo Racing チームメインスポンサー
リアライズコーポレーション – Instagram
トラックリースサービス「R.リース®」、「トラックファンド®」で運送業の新しいかたちを創る企業です。日産自動車大学校において「リアライズ奨学金」を実施。47都道府県をテーマにしたテレビCM放送中! 10/16〜「京都」編!

△ストーリーもちょくちょく更新されますので、ポストと合わせて見てみてください!
KONDO RACING – Twitter
△Instagramの方が更新率高いです。Twitterはレースの折り目にアップされるイメージ。

日産自動車大学校 – Instagram
△レース時はこちらのアカウントが最も頻繁に更新されます!ぜひcheckしてね!

KONDO Racing Team web site
SUPER GT公式web site

タイトルとURLをコピーしました